釣楽日和

日々のことや釣りのことなど。
気まぐれで更新していきます。

Angler`s Team Execute 所属
東京湾シーバスガイドSTRIKER キャプテン
6/1横浜港開港祭オープントーナメント
6/1に横浜港開港祭りのイベントのひとつである、オープントーナメントに参加してきました。今回は、いつものトーナメントとは、若干趣旨が違いまして、釣ってきた魚を、開港祭りに来てくださった、一般の方々に見学、そして触れ合っていただくというイベントもありました。これは、一般の方々に、すぐ近くで、こんなに魚が居るんですよ!!というのを知っていただくこと。そして、我々アングラーの取り組みを理解していただく、ということが目的です。

さて、今回のトーナメント。チーム戦ということ。いつもお世話になっている柿澤キャプテンの地元開催ということで、関内接骨院with tame air markということで、参加。上位に食い込めば、柿澤さん経営の接骨院の宣伝にもなりますから(笑)。
レギレーションは、1チーム2匹のライブフィッシュの持ち込み。

7時スタートフィッシング!!前日の状況は、最悪。しかし、自分の思っていたよりも水色が良い。ここで、勘が発動!柿澤さんに無理を言ってプラン外のピンポイントの穴へ!
とにかく、魚の有無を知りたかったので、3/8ozのジグヘッドワームでサーチ開始。すると、すぐに答えが出て、50センチ強のキーパーを数本とってリミットメイク!!


でも、感じ的には、穴を延々やるかんじでは無かったので、アジャストして、壁へ。時期的にそろそろ??と思っていたので、行ってみる。今回初投入の飛極125Fで、上を意識している魚を探していく。良型のチェイスはあるものの、バイトに持ち込めない。シルエットか、レンジが合ってないのかな??って感じ。ねっちりやってみたかったんですが、時間が4時間半しかないので(スタート→帰着。実釣4時間)横浜港に戻る。

似たようなシュチエーションを求めるのですが、やはり、事前情報どおりタフ。また、今回は、チーム戦ということで、同船していただいた、お二人にも釣っていただきたいということが有ったので、つり座をローテーションしながら魚を探していく。でも、取れてもストラクチャーのタイトなところで、単発入れ替えならずで、もどかしい・・・。

ここで、柿澤キャプテンお気に入りの運河へ。ここは、時間をかけてねっちり。魚は、います。たくさん居ました。。。でも、サイズが・・・・ちいサイズ。でも、同船してしていただいた方も、竿を曲げていただいて、楽しめました。トーナメントで、こんなに楽しく釣りが出来たのって、いつ以来でしょう?って感じです。いつもは、殺気でまくりなんで・・(爆)

ここで、時間が来てストップフィッシング。内容には、満足できませんでしたが、楽しい釣りが出来て楽しかったです。やはり、釣りは、仲間とわいわいやるのが、1番楽しいですね!!


さて、検量です。我々は、50センチと49センチを持ち込みました。そして、今回のトーナメントで一番うれしかった瞬間。大勢の一般の方々が見守るウェインロードをトーナメントシャツを着て、いけすに魚を運ぶ瞬間。わー大きい!!すごーい!!子供たちが、喜んでくれます。自分たちが釣った魚を興味深げに見る子供。興味心身に触る子供の姿。。普段のトーナメントでは、味わえない感覚。自分も童心に戻り、子供達と遊んでました。

そして、イベントの最後。表彰式です!!
結果は、4位。でも、満足してます。なぜなら、上位3チームは、すべて沖。自分達は、ストラクチャーメインで、攻めた結果だったので・・・。でも、今回は、それ以上に、楽しいことが、たくさんあったので、とても満足しています。

こういう大会って、中々企画から実現までとても大変だと思います。本当に運営に携わった方々に感謝しています。そして、来年も開催できることを節に願っています。自分にも何かお手伝いできることがあれば、積極的にお手伝いさせていただければと思っています。

チーム 関内接骨院withTame Air MARK
| 早川 昌和 | トーナメント | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
striker.png
BST.png
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ PROFILE
人気ブログランキングへ