釣楽日和

日々のことや釣りのことなど。
気まぐれで更新していきます。

Angler`s Team Execute 所属
東京湾シーバスガイドSTRIKER キャプテン
ちょっと思ったこと
実は、明日のヒラスズキ釣行中止になっちゃいました失恋

で、どーすんべーって、思ってたら、CRUISEの岡田キャプテンからシイラ沸いてる情報が!!


即決、行きます!!



今、高速移動中なんですが、伊豆南端まで4時間半。

浜名湖まで、3時間ちょい。


ヒラスズキとシイラは違うけど、遠征的には、浜名湖って十分アリなんじゃないかとイヒヒ

ヒラスズキのロケーションとは比べものにはならないけど、これはこれでアリなんじゃないかと。


伊豆が凪なら、浜名湖で色々楽しんじゃおう!!って感じですてれちゃう

あと後日、アップしますが、今日ヒロさんの工房にお邪魔してきました!!


託されたルアーに、魂いれてきますよ!!

すっごく密度の濃い時間を過ごせました揺れるハート




浜名湖は、シイラダメでも、キビレのポッピング出来るし、フラットフィッシュいるし上向き



こんな、変更プランどうですか!?
| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
原点回帰



今日は、プライベートで東京湾に浮いてきました。

それは、一本の電話がきっかけでした。

今から10数年前、僕がボートシーバスにのめり込むきっかけを作ってくれた
僕のボートシーバスの師匠からの電話でした。

明日、一緒にどう?

勿論快諾!!

師匠とは、久々の東京湾。

自分は、先日(結構前ですが)購入したDC様の具合も確かめたかったし。
こんな機会は、中々ありません。

朝6時出船。

自分が操船するものとばかり思っていたら、今日は操船しなくていいよ(笑)だって。

あざーす!!

ポイントは師匠任せ。大好きなブレイクとシャローでしょ(笑)。

師匠は、この釣りを10数年前から確立していて、とにかく魚探をかけてブレイクを
探し回るのが大好きな人。

こういう釣りする人って自分好きです。

久しぶりだったから、ちょっと忘れかけていました。

ファーストポイントはショボいストラクチャー。

でも、ここはいつも師匠のやるところ。

開始1投目。ビビッた。DCやばい!!のびる!!

そして、まさかのヒット!!



バリットTAPER&SHAPEカラー。

そこで、軽く連荘。DCのとてつもない威力に吃驚!!
キャストうまくなったんじゃないの?って錯覚するぐらいです。

もう、ベイトはDCしか買わないと思います。

チキンと呼ばれても!!

さて、今日は霧がすごかったんで、付近のブレイクを探索。
すると、これが大当たり!!


釣れてくる魚、全部60アップでした。
魚の色がみんな居付きっぽいですが・・・w。
こういうところって、あんまり人は触らないんでしょうね。



本日最大72センチ。

写真で見ると、壁撃ってるようですが、壁ではないんです。

あくまでブレイク。真っ向勝負のブレイク。

潮の流れ、ヨレ、風の当たり具合。師匠の経験から導き出されるポイント。

今だから理解できるイメージの釣り。

本当勉強になりました。



一通り師匠のお腹が満たされたので(笑)お楽しみストラクチャー撃ち。

DC様本日は、大変いい仕事してくれました。

フリップキャストもストレス無く。スキッピングもストレス無く。
はっきり言って、買いです!!

もう一個買いです!!

バックラッシュは勿論するんですが、レベルが違う。
すぐにほどけるし、ラインにダメージがほぼ出ないです。

PEを巻いていったんですが、全く問題なかったです。

そして、肝心?の釣果。

ストラクチャーめちゃくちゃ魚いました。

お腹いっぱいになってゲップが出るくらい釣れました。

これも、すべてDC様のおかげです。

今までのあとちょっとが、行っちゃうんですよ。気持ち悪いぐらいに・・・。

そりゃー釣果伴ないまくりです。

しつこいですか?



それでは、おしまい。






| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
横浜港オカッパリシーバス
1年ぶりに、横浜港のオカッパリシーバスに行ってきました。

状況はなかなか良いとのことで、期待満点で現地7時に到着。
運河のミオ筋を3インチのピンテールで、ダートさせながら引いてくると・・


良型55センチゲット!!
東京湾は、魚の反応が良いです。
実は、ピンテールでシーバス釣ったの初めてなんです(^^;)
今日半日使い続けましたが、色々な動かし方でアクションが違って、中々奥が深い。
浜名湖の乱杭でも、ぜひ使ってみたいアイテムです。

日も完全に上がりきってしまったので、壁際をタイトに狙っていくと


同様の50センチクラスが、良いテンポで釣れてくれます。
プロポーションもよく、パワーもあり十分に楽しませてくれました。
改めて、東京湾の魚影の濃さを体感しました。

ただ、車を横浜駅周辺に停めたので、駐車場代に2400円も、かかってしまいました(^^;)。
次は、電車で行かなきゃいけないでしょうか?
でも、7フィートの1ピースロッド持って電車は、かなり痛い感じもしますが・・・・。

明日は、柿澤さんとこで、東京湾ボートシーバス楽しんできます。
あと2日東京を満喫します。

今日の横浜釣行をサポートしてくれたN君ありがとうございました(^^)。



| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
・・・・・
 先日の台風すごかったですね。
我が家の隣の工場では、窓ごと、吹き飛ばされていたり、我が家の屋根も
トタン屋根が、吹っ飛びました。


そんな、台風通過後、富山に、150センチのシイラを狙いに行ってきました。

台風後ということもあり、状況は、全くわかりません。
でも、30分も走ると、流木・藻、多数!
当然、活性あがります。

でも、魚がやる気無い。

ナブラも立ったけど、ワカシばっか・・・・。

シイラが釣れても、ぺんぺん・・・・。


虹が綺麗でした。


名物の黒ラーメンも食べました。
魚だしが、苦手の私でも、大丈夫でした。、

高速代が、往復2000円と言うのも、助かりました。
でも、姿ぐらいは見たかったです。

来年、リベンジ!!

久々に、チームhiroの面々とご一緒できて、楽しかったです。
| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
奥浜名湖釣行
 昨日は、奥浜名湖へbrother jrさんといってきました。

雰囲気は、いつも行っている場所と違い、
とても良いロケーション

まずは、ご挨拶をしてたらfunkyさんの弟さんとのこと。

お兄さん同様、とてもナイスガイでした。

ポイントの説明を受け、ルアーをチョイス。

一見遠浅に見えるポイントなんですが、ちゃんとブレイク隣接で

水深も有るとの事。

ここの、シーバスのベイトはボラとの事なので、大き目のルアー

がよいみたい。

しばし悩んで、グースの140Fのチャートバックをチョイス。

オープンウォーターを広く誘っていく。

やってみて思った事は、ベイトの存在。

たまーに当たるんです。でも、ボラっぽくない。

でも、レンジはあってるってこと。

期待感は、少しあがってきました。

そして、ゴン!!

びっくりしました。

あわてずあわせるとしっかり乗ったのですが、ドラグは出ないし

あんまり引かない。根性なしの40センチぐらいかと思ったら、

大きな水柱をあげて、エラ荒い!!少しテンションあがります。

慎重によせてあがってきたのは、推定55センチぐらいのシーバス?

って思ったら、brother jrさんに60アップあるから測ってみましょう

てことで、測ったら63センチありました!

やったね!!

そして、写真を撮っていただき無事リリース。

その後も、やってみるんですが、中々後に続かない。

でも、その20分後。またまた明確なバイト!!

今度はジャークさせた後でした。

上手くあわせとつもりが、スカッ・・・・・

あの当たりを逃してしまうとは・・・・。

まだまだ腕が悪いです・・・・。

そして、その後は、ベイトに当たる感触もなく生命感すら

なくなり、バイトの時間もあったので終了となりました。

でも、連敗続きの浜名湖で久しぶりに釣果に恵まれて良かったです!!

ありがとう、brother jrさん!!

写真なんですが、なぜかPCに取り込めずアップできません。

ちょいと試行錯誤してみて、アップできそうでしたらアップしますね。
| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
今年初ランカー!!
2月16日久々に東京湾に浮いてきました。

朝7:00に横浜のストライカー柿澤艇にて出港!!

一路NKバースを目指す。

着いてみると・・・・一面鳥山!!


 



正直半端ない数です。
ボイルもちらほら。

まずは、AIR SPEED80Sリアクションピンクでオープンエリアをサーチ。
かなりの高活性で、ジャーク&ストップにがんがん当たってくる。
しかし、サイズは50センチ前後。これでは・・・・

そこで、ストラクチャーをタイトに通していくと・・・


いきなり80センチ。ワオ!!

続けてタイトに攻めていくと、60センチクラスにサイズがあがっていく!!

ここで、カラーローテーションをしてみるのですが、ゴールド系にはバイトすらない。

この辺が、難しい。

そこで、先ほどのリアクションピンクに変えるとまたまたランカーの76センチをゲット!!


こうなると面白い!!カラーの妙。

自分の中では、リアクションピンクは、サーチカラーなんですが、ここまで釣果に差が出るとは。

びっくりです。

先日のブログに書きましたが、今回は、ベイアームのBAS701RF3のみで、全ての魚を
とりました。

正直な感想は、少しシーバスロッドとしてはパワーバランスが悪いような気がしました。
特に、胴の部分のパワーが欲しいです。

分かりやすく言うと、ちょっと強めのメバルロッドという印象は否めません。

しかし、バットパワーは申し分ないです。
今回でも、80センチ、76センチのシーバスをゲットしていますから。

とても、楽しめるロッドというのが、正直な感想ではないでしょうか??

特にワームのようなばれ易いリグにはいいかもです(今回は1/2OZ)。

ジグヘッドは、ヘッド部分の重さが重くなるとよりばれやすいですが、このロッドの場合

魚をかけているとき、バット付近まで竿が曲がってくれるので、食い込み方がよく

ばれにくいって按配です。

とにかく、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。




| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
6/28鶴見川釣行
6/28に久しぶりにオカッパリに行ってきました。場所は鶴見川。事前情報はあまり無くぶっつけで、初場所。同行してくれた方の案内で、現地に到着。橋脚などストラクチャーはそれなりにある。しかし、当然プレッシャーも高そう。

まず現地について違和感。案内された場所は、大きくカーブのあるところ。しかし、案内されたところは、インサイド側。手前側は、ドシャロー。ブレイクを狙う感じでもなく、対岸のアウトサイベンドへ行きましょうと、提案。

やはり水深のあるところをシーバスが移動するであろうこと。あまりにも水深が無さ過ぎることが気になった。

ついてみるとやはり、しっかりと水深がある。橋脚を、エアースピードで攻めるもノー感じ。で、よく見るとベイトサイズが、かなり小さい。

ここで、同行者が、テクトロで1本ゲット。読みどおり。僕は、地形の中から変化を探し小さな水門を見つける。ルアーは、トラウト用の55ミリのミノー。慎重にアプローチ。答えはすぐに出る。ゲットしたのは50センチほどのシーバス。でも、かなり体高と厚みがあって、中々楽しませてくれました。

この日は4人出来ていたので、このポイントを休ませ、釣ってもらう。やはりここ。
ヒット!!残念ながらばらしてしまったけれど、超メジャーなポイントで、この連続ヒットは嬉しい。

その後、何とかエアスピードやエアディープにはまるシュチエーションは無いか?試行錯誤するも、制限されたオカッパリ。はめ込んでいくのが難しい。

同行者は、相変わらずテクトロで散発ながらバイトやヒットに持ち込んでいる。

2時間ぐらい丹念に攻めつくして、納竿としました。
それにしても、オカッパリって難しいですね・・・・。

結局、変化の中の変化。これが、キーポイントでした。


| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
長い道のり
今年から、再開したオカッパリ釣行。2度の撃沈。正直今回こそは!!って意気込みでした。タックルも1から見直し、自分なりには、かなりつかめてきた感じだったので、後は魚からの答えを待つのみといったところでしょうか??

その答えは、意外に早く出ました!!

サイズは、52センチでした。サイズ云々ではないです。この答えを待っていたのです。そして、考えていたとおり、オカッパリには、地合いが重要であるということ。地合いを逃すと、本当に、魚が抜けてしまう・・・。ただ、長い目で見れば、その地合いは数度訪れるのでしょうが、あくまでそれは、待ちのつり。地合いが終わった後の魚の動きを今後は追ってみたいと思います!!
| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
5/30日釣行 リベンジ
前回オカッパリで、打ちのめされたので、リベンジにいってきました。
当日予報は、雨。しかし、出発前は、まだ降っていない。前回の反省を含め、タックルを見直し、ルアーセレクトも変更して、準備は、万端。タックルは、ライトな物にし、PEラインを改め、ナイロン8ポンドまで落とす。(風表になっても、飛距離やトラブルを最小限に減らすため)ルアーも、細身のもの、サブサーフェスを引けるものをチョイス。
釣り場に到着。久々のナイロンラインに悪戦苦闘しながらも、徐々に感覚を慣らしていく。そして夕間詰め。これから、水面に生命観が出てくると思いきや・・・。何も起こってこない。そして、雨が・・・・。心が折れそうになりながらも、潮の変化、風の変化を読みながら、キャストを繰り返す。しかし、魚からの反応が全く無い。時だけが過ぎていく。アジャストして、ボトムの水深5メートル付近もしっかり探るも、全く反応が無い。

ここで、完全に、心が折れました。季節はずれ寒波・降りしきる雨・生命観の無さ・・・。それでも4時間は頑張った。

自然相手の釣り。こんな日もあるさ!!ここで、納竿としました。
次回は、場所を少し変えて、狙ってみたいと思います!!
| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
甘く見ていた・・・。
5/2318:30某駅に、mixiで知り合った方と合流。目的は、ナイトのオカッパリ釣行。
自分自身、今年は、時間的に余裕があるので(金銭的余裕は無いけれど・・・)、釣りを通していろいろな方との交流や、色々な釣りにチャレンジしたかったので、すごく久しぶりにナイトのオカッパリに行ってきました。

自分自身で、振返ってみるとおごりがあったと思います。ボートシーバスで培ってきた釣りを、オカッパリで上手くはめられるのではないかと・・・。用意したルアーは、いつもの、ジグヘッドワーム(10グラム)、ミノー達・・・。

行ってまずやってしまったと、痛感したのが攻める場所が、限定される。そして、バチ抜けシーズンであるということ・・・。私のタックルボックスに入っているルアーにそんな細身で、水面直下を泳ぐシルエットルアーは、入ってないです・・・。

連れて行ってくださった方には、アタリもバイトもあるし、当然釣れます。
それでも、もって来たルアーでなんとか、バイトにもちこもうとチャレンジします。

殺気でまくりです(笑)

それでも、何とかバイトが出ました。9センチのフローティングミノーを風下から風上に投げて、明暗部にゆっくりと流す釣り方。セオリーですが、やはりシルエットがあってない。バイトが浅く、フッキングするのですが、皮一枚・・・。これが、2回だけ・・・。
結局、朝を迎えてしまいました・・・。


正直、猛反省しております・・・。

でも、自分自身にとっては、苦手なスピニングタックルでの釣りの克服になりそうで、良かったと思います。次回は、リベンジです!!

なにより、今回ご一緒させていただいた方々にお会いできて、色々と教えていただいたこと。シーバス釣りの原点であるオカッパリの釣り。逆に、ボートシーバスでの、引き出しが、増えそうな予感。
| 早川 昌和 | プライベート釣行記 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
striker.png
BST.png
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ PROFILE
人気ブログランキングへ